野球少年が勉強にのめりこむ

野球部に所属する中学1年生のB君。

小学生のころから、野球ばかりしてきて、勉強は二の次三の次だった。

中学生になって心を入れ替えて、勉強を始めるが、今までのツケが大きい、分からないことだらけだった。

塾での授業中、やる気をなくした雰囲気だったB君に、野球の話を振ってみた。

でも反応は今ひとつ。

実は、やる気をなくしたのではなく、頭がフル回転でそれどころではなかったのだ。

「そうか、やる気は十分なんだ。これはイケる」。

家では、帰宅するとすぐ部屋に直行し、机にかじりついて勉強をしていると、お母さんが言う。

「これだけ勉強している息子を見るのは初めて。思わず涙が出ました」。

うれしい言葉でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

英語の勉強、こんな風に