英語の勉強、こんな風に

英語の学力がどうしても上がらなかった中学2年生のA子ちゃん。

自分の限界を感じて、頑張ることをあきらめかけていた。

「誰にでもスランプは来る。

先生も偏差値50の壁が越えられなくて、どうしたら良いか分からなかった時期があった。

そんな時にやった勉強方法が速読の訓練。

ある程度の長い英文を一通り読み、分からなければ和訳を一読。

また英文を読んで、和訳を読む。

これを1日10回繰り返す。

とりあえず1週間続けてみよう」

とアドバイスした。

A子ちゃんは学校の行き帰りだけでなく、家でもプリントを握りしめて読み続けた。

ある日、A子ちゃんのお母さんが、外を歩いていると、娘が横断歩道のむこうで、プリントを握りしめていた。

「あきらめてばかりの子が、こんなに一つのことに集中するなんて」。

こちらに歩いてくる娘を、涙を浮かべながら見つめていたと言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。